子どもに優しいおやつとは?

子ども おやつ おにぎり
おにぎりは愛情こもった最高のおやつ

 

子どもが大好きな、おやつ。

みなさんは何を食べさせていますか?

 

そもそもおやつとは

一体どんな意味合いがあるのでしょうか。

 

おやつは、子どもにとっては補食

1日3回の食事では摂りきれない

栄養やエネルギーを補うためのものです。

 

大人からすると、甘いものや

お楽しみ、ティーブレイクのお供ですが

大人と子どもでは意味合いが変わってくるんです。

 

だから、本来子どもに必要なのは

甘いケーキやクッキーではありません。

 

では、何を食べさせるといいのでしょうか?

 

  • おにぎり

 一番簡単で、手軽なのがおにぎりです。

 エネルギー補給の点でも文句なし。

 海苔をまく、ゴマをふる、具に

 鮭やおかかを入れてあげれば

 栄養バランスはさらによくなります。

 

 甘いおやつを食べ慣れた子どもは

 「え〜? おにぎり??」

 と言うかもしれませんが、

 おなかがすいていれば、絶対に食べてくれます。

 そして美味しさに気づくはず!

 

 

  • ふかしいも
焼きいも ふかしいも おやつ


素材そのものの甘みを楽しめる

ふかしいも。

秋冬は落ち葉で焼きいもを

してあげるのもいいですね。

こちらも手早くエネルギーを

補給できます。


そのまま食べるのに飽きているなら、

ふかしたさつまいもをつぶして

適当に小麦粉や米粉を混ぜ、

少しの塩を加えて丸めて焼けば

いもまんじゅうになります。



  • 白玉団子
おやつ 白玉団子

面倒な軽量をせずとも

作れるので、

とてもおすすめのおやつ。


白玉粉に水(豆乳や豆腐でもOK)を

少しずつ混ぜてこねていき、

耳たぶぐらいの柔らかさになったら

丸めます。

あとは沸騰した湯に入れて

浮かび上がったら冷水に取って

冷ますだけ。

モチモチ感を楽しみたいなら

冷水にとらなくてもOKです。


トッピングは無糖のきなこがおすすめ。

メープルシロップや

甘すぎないあんこをのせても。


少し大きくなった子どもなら、

丸めるのをお手伝いしてもらうと

いいでしょう!



いかがでしたか?

おやつ=甘いものという先入観は

取り払って、

子どもに本当に優しいおやつを

ぜひ取り入れてみてくださいね。



食育Basicsへ戻る