肉を食べるとがんになる?

肉 がん ハム ベーコン 加工肉
ステーキ、ハム、ベーコン……。子どもはたいてい好きですよね


体の器官や筋肉を作るのに

欠かせないたんぱく質。

 

成長期の子どもが

何をどれぐらいたんぱく質を摂ればよいのかは

前回の記事でお話しました。

 

たんぱく質を多く含んでいるのは

肉類や魚、そして大豆。

 

肉はメインのおかずによく登場しますし、

手っ取り早くたんぱく質を補給できる食品。

ハンバーグや焼き肉が好き!

という子どもは多いのではないでしょうか。

 

でも、近頃では

肉を摂りすぎるとがん細胞の増殖を促すのでは?

という声が多数あり

つい先日は国際がん研究機関(IARC)が

赤肉(牛・豚・羊の肉)や

加工肉(ハム・ベーコン)には

大腸がんなどの発がん性がある

発表したばかり。

 

毎日50g(2、3枚分)食べると

発症率が18%高まるというものでした。

 

日本の国立がん研究センターは、

日本人の平均的な摂取の範囲であれば

影響は無いか、あっても小さいと言えると発表しています。

 


特にハムやベーコンは

朝食の付け合わせ、サンドイッチの具として

よく登場するという家庭も多いはず。

 

少し意識して、

いつもより食べる量を減らしてみたり

購入する量を控えてみたり。


食べるのを完全にやめることは難しくても、

こうした情報を知っているのと

知らないのでは、

今後生きていくなかで大きな差がつくかもしれません。

 

 

食育Basicsへ戻る