子どもの体を作るたんぱく質

大豆にはたんぱく質が豊富に含まれている
大豆にはたんぱく質が豊富に含まれている

 

子どもには栄養バランスに

優れた食事をしてほしい…


それはすべてのママに共通することでしょう。

 

では実際に、

どんなものを食べさせればよいのか?

どんな栄養素を摂っておけばいいのか?

 

その答えのひとつは

たんぱく質です。

 

たんぱく質は、成長期に最も

積極的に摂っておきたい栄養素。

 

体のさまざまな器官を発達させ、

筋肉を作るのに必要です。

 

子どもにとって

1日に必要なたんぱく質摂取量は、

体重1kgあたり1.0〜1.5g。

 

体重10kgなら10〜15g

体重15kgなら15〜22.5g

体重20gなら20〜30g です。

 

部活動などの運動をしている子どもは

さらに多く必要で、

体重1kgあたり1.5〜2gとなります。

 

では、主な食品に

たんぱく質がどれぐらい含まれているのでしょうか?

 

豆腐1丁 肉類 魚1切れ 卵1個 納豆 牛乳 ヨーグルト
 20g 20g 20g 6g  8g 6g 3g

※肉類、ヨーグルトは100gあたり。牛乳は200mlあたり。納豆は1パックあたり。

 

肉類、魚、大豆製品に

特に多く含まれているのがわかりますね。

 

一般的には、

動物性たんぱく質食品(肉類、魚、卵、牛乳など)と

植物性たんぱく質食品(大豆製品、穀類など)の

摂取比率は

1才〜3才までは3:1

4才以降は3:2

が理想だとされています。

 

とはいえ、最近は

動物性食品の摂取に抵抗を感じる人が

増えている状況。

 

 

動物性食品って本当に大丈夫?

植物性食品だけでもたんぱく質は補えるの?

 

正解を出すのはとても難しい問題ですが、

次回以降の記事では

そんな疑問を解決するヒントにも迫りたいと思います。

 

 

食育Basicsへ戻る